2018年05月29日

熱量の持ち方、伝え方

33487111_2049489518414735_8273985235654279168_o.jpg

最近、人前に立たれる方、華やかな場で活動される方のお手伝いをする機会が増えています。たとえば、タレントさん、女優さん、経営者の方など。

皆さんプロフェッショナルなので、私がサポートをするのは、それぞれの専門分野(お芝居やトーク、経営)を「どう、伝えるか」の部分。

「クライアントさんやファンの方に、〇〇のことを伝えたいんです」
「お客様や社員、取引先に、〇〇という思いを理解してもらいたい」

伝わるストーリーやキーワードも一緒に考えますが、ここで大切なのは、ご本人の思い、ご本人らしい言葉だと思っています。私がどんなに立派なそれらしいものを作っても、言わされているものになってしまったら、相手に届かないと思うのです。

情報も発信ツールもあふれかえっている世の中だからこそ、本当に思っていること、考えていることを、自分らしくちゃんと言葉にする、相手にわかってもらえるように誠意をもって工夫する、そんなシンプルなことがより大事になってきていると感じています。

私自身、パリ留学時代に脱税していた大家さんと闘って(!)勝つ、という極端な経験をしたことで、伝えることの大切さ、相手にわかってもらうために努力することの重要性を実感しました。

なんか、わかってもらえないなー。そう思ったら、自分の「思い」(本心)と、それを相手に「届ける方法」を見直してみませんか。もしかしたら、どこかが曖昧だったり弱かったりするのかもしれません。

*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
sketch-1517563163616.png
posted by Style at 10:36| コミュニケーション、考え方

2018年05月25日

小さな化学反応で得られるもの

33140027_2046327278730959_6973859877370200064_o.jpg

仕事と大学院を両立するようになってから(できているかは、さておき)、時間が飛ぶように過ぎていきます。来月にかけての出張だけでも、京都、京都、沖縄、沖縄、岩手、沖縄(やっぱり沖縄多めですね)で、移動も盛りだくさん。

でも、短い間でも、新しい環境に身を置くことで発見があり、それが日々の仕事や勉強につながっていると感じています。

大学院では人生の大先輩が、同級生や後輩なんてこともあり、新しい視点を教えてもらうこともしばしば。

全国のクライアントさんとのセッションでは、皆さまそれぞれの分野でのご活躍が素晴らしく、たくさんの刺激をいただいています。

プライベートな旅はしばらくしていませんが、出張先で、企画やPRのヒントになるものに出合えることも多いです。パリ出張では、空の色、街の音、木漏れ日など、そこにずっとあるものの良さに気付くことの大切さを学びました。常に新しいことを学び、走り続ける仕事だからこそ、そういう、ゆるがない感じも大切にしたいなと。

1人で考え、膝を抱えていても解決できないことが、人や場所との出会い(出合い)でパッと変化することもあります。焦って空回りしないように気をつけながら、丁寧にひとつひとつの仕事に向き合い、少しずつ前に進んでいきたいと思います。

さて、今日はめずらしく外ランチ(ミーティング)。新しい出会い、とても楽しみです。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
sketch-1517563163616.png

posted by Style at 10:33| 日々の出来事

2018年05月21日

数年後のために、今から静かに深める

32723002_2040592305971123_1539522677834776576_o.jpg

新規のご依頼をくださった方とランチミーティング。北は東北から、南は沖縄まで(あと少しヨーロッパ)ご一緒する方の幅が広がる今日この頃。さまざまな業種のいろいろなご相談にお応えするべく、インプットは欠かせません。

今回のクライアントさんは、とても難易度の高い分野での経験値をあげることにチャレンジされているので、セッションでは、「表面的ではないことを深める」ことについて、お話ししました。

ああでもない、こうでもないといろいろな可能性を探った結果、「もっと楽な道がないかと探したりひるんだりもしたけれど、結局、真正面から取り組んで、取り組み続けて突破するしかないですね!」と、クライアントさん。

私も、大学院で、どうやっても越えられなさそう(な気がする)研究の壁に立ち向かっていますが、自分が楽々できるゾーンから一歩踏み出してできないことをやってみること、歯をくいしばって深めることが何かにつながるかもしれないという思いで文献を読み続けています。

PRやブランディングは、一足飛びに楽して、表面だけ繕って、発信だけ上手にしてということではないと、(私は)思っています。情報があふれる時代だからこそ、本当はどうか、本当は何か、を大事にしたいなと。

地味に、地道に、地力をつける。「地」ばっかりですが、いま、とても大切にしていることです。さて、今日もこれからセッションに行ってきます。海外進出のお手伝いですが、かわらず地に足をつけてサポートさせていただきます。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
sketch-1517563163616.png
posted by Style at 11:18| コミュニケーション、考え方