2018年11月03日

あの日、あの時、について思うこと。

45155423_2296120817084936_2397390391746756608_n.jpg

先日は、めずらしく夕食付のミーティングへ。クライアントさんが、私の大好物すき焼きを選んでくれました。ふわふわ(砂糖が綿菓子状で出てくる)すぎる、驚きのプレゼンテーション。

ふわふわの撮影でひとしきり盛り上がった後は、クライアントさんの活動の振り返りや今後の展開についていろいろとお話を。

当時は辛いと思ったけど、あれがあったから今の仕事に出合えた。
あの時、思い切ってチャレンジしたことが、長年夢見ていた仕事へとつながった。

など、予想もしない展開ってありますね、ということをたくさんお話しました。もちろん、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍されている方だからこそ、選んできた道を正解と呼べるという部分はあるかもしれませんが、規模は違っても、私にも「まさか、あの時のあれが(こんな良いことにつながるなんて)!」という経験はいくつもあります。

今って、とにかくみんな忙しくて、できるだけ効率的に情報を処理して正解を選ばないと取り残されたり失敗したりしそう……という焦りにからめとられそうになる時がある気がします。それこそ、熱っせられて、ワーッとかき回されて棒に巻き付けられる綿菓子みたいに。

でも、たぶん、人生はそんなにパキパキッときれいに割り切れるものじゃなくて、予期せぬ出来事が後から「あれ、意外と良かったなー」「まさかの、こっちが正解だったかも!」となることもあるんだと思います。あれ、ふわふわにはならなかったけど、これはこれで棒キャンディーみたいで美味しいなとか。砂糖切らしてて買いに行かないといけなくなったけど、ちょうど特売でラッキーだったなとか。なんか、そんな風なこと。

だから、いま目の前で起きていることが、自分が思う「完成形」でなくても、焦らずに次の展開を待ってみるというのもアリなんだと思います。

私自身、そんな風に言いながら(書きながら)、すぐに自分を責めたり駆り立てたりして走り出してしまうタイプですが、年齢とともに、待つこと、見守ること、動きをとめることの意味を感じるようになりました。

うわー、どうしよう。なんか、つまらない。

そんな風に思っても、すぐに失敗だ停滞だと決めつけない。未来の自分に期待して、少し長い目で状況を見守ってみる。そんなアプローチもあってもいいのかなと思った夜でした。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 15:14| コミュニケーション、考え方

2018年10月18日

誰をみるか、何を気にするか。

PSX_20180312_124003.jpg

今年は、ありがたいことに講演の機会をいただくことが特に多く、全国各地でさまざまなテーマでお話をさせていただいています。どれだけ経験が増えても、毎回緊張しますし、終わったあとは一人反省会を(時には延々と!)開いて考え込むことも。

でも、先日、参加者として足を運んだセミナーで「たしかに!」と気持ちが軽くなるヒントをいただきました。講師はさまざまなメディアで引っ張りだこのタレントさん。ご本人いわく「下積み時代が長く、番組に出してもらえるようになったばっかりの頃も、視聴者からのクレームで心が折れそうになったことが何度もあった」のだそう。嬉しい感想より、ネガティブなコメントやメールにばかり目がいってしまい、悩んだ日も多かったといいます。

その悩みから脱出できたキッカケは、お世話になっている方からかけられた言葉だったそう。

「どんな人気者でも、万人から好かれることはない。自分らしさを押し殺して全員に好かれようと無理をするより、あなたに好感をもってくれる人を大切にしなさい。もっともっと好きになってもらえるように頑張ってごらん」

その言葉を胸に、ファンに向けて発信することをより大切にするようになってからは、不用意に迷ったり自信をなくしたりすることもなくなり、次々と出演番組が増えていったそうです。

その方と私ではスケールがまったく違いますが、それでも、自分の個性は何か、それを好きになってくれる人は誰か、その人たちのためにできる努力は何か……そんなことを、丁寧に誠実に考え続けていきたいと思えたひとときでした。

あなたの「ファン」は、どんな人ですか?


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 00:00| コミュニケーション、考え方

2018年09月29日

もうすぐ期末

42518867_2243439475686404_3227918478451146752_o.jpg

もうすぐ会社の期末がやってきます。10月〜9月という、ちょっとかわった期の設定にした理由は2つ。ひとつは、誕生月と同じにしておけば会社が何歳かすぐに思い出せるから。あともうひとつは、税理士さんが忙しくなさそうな月にしたかったからです(1月とか4月スタートにしたら混みあいそうで)。

気が付けば、株式会社スティルも8期目(これからはじまります)。できていないこと、叶っていないことばかりに目がいきますが、大学院と仕事を両立しつつ、出版や新聞連載が叶ったり、パリやベトナムなど海外や国内出張をしながら各地で講演やPRコンサルティングの仕事ができたりと、少しは実現できたこともあるのかもしれないと前向きに考えるようにしています。

ゆっくりすぎる歩みでも、自分なりのペースで着実に。クライアントさんのお役に立てるよう、アウトプットの質を高められるよう、インプットを怠らず。そんな気持ちで新しい期をスタートしたいと思っています。

さて、新しい期も、すでに前半(春まで)の予定は見えています。長くお付き合いくださるクライアントさんも増えてきました。頼んで良かったと思っていただけるよう、常にベストを尽くします。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 00:00| コミュニケーション、考え方