2018年05月29日

熱量の持ち方、伝え方

33487111_2049489518414735_8273985235654279168_o.jpg

最近、人前に立たれる方、華やかな場で活動される方のお手伝いをする機会が増えています。たとえば、タレントさん、女優さん、経営者の方など。

皆さんプロフェッショナルなので、私がサポートをするのは、それぞれの専門分野(お芝居やトーク、経営)を「どう、伝えるか」の部分。

「クライアントさんやファンの方に、〇〇のことを伝えたいんです」
「お客様や社員、取引先に、〇〇という思いを理解してもらいたい」

伝わるストーリーやキーワードも一緒に考えますが、ここで大切なのは、ご本人の思い、ご本人らしい言葉だと思っています。私がどんなに立派なそれらしいものを作っても、言わされているものになってしまったら、相手に届かないと思うのです。

情報も発信ツールもあふれかえっている世の中だからこそ、本当に思っていること、考えていることを、自分らしくちゃんと言葉にする、相手にわかってもらえるように誠意をもって工夫する、そんなシンプルなことがより大事になってきていると感じています。

私自身、パリ留学時代に脱税していた大家さんと闘って(!)勝つ、という極端な経験をしたことで、伝えることの大切さ、相手にわかってもらうために努力することの重要性を実感しました。

なんか、わかってもらえないなー。そう思ったら、自分の「思い」(本心)と、それを相手に「届ける方法」を見直してみませんか。もしかしたら、どこかが曖昧だったり弱かったりするのかもしれません。

*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
sketch-1517563163616.png
posted by Style at 10:36| コミュニケーション、考え方

2018年05月21日

数年後のために、今から静かに深める

32723002_2040592305971123_1539522677834776576_o.jpg

新規のご依頼をくださった方とランチミーティング。北は東北から、南は沖縄まで(あと少しヨーロッパ)ご一緒する方の幅が広がる今日この頃。さまざまな業種のいろいろなご相談にお応えするべく、インプットは欠かせません。

今回のクライアントさんは、とても難易度の高い分野での経験値をあげることにチャレンジされているので、セッションでは、「表面的ではないことを深める」ことについて、お話ししました。

ああでもない、こうでもないといろいろな可能性を探った結果、「もっと楽な道がないかと探したりひるんだりもしたけれど、結局、真正面から取り組んで、取り組み続けて突破するしかないですね!」と、クライアントさん。

私も、大学院で、どうやっても越えられなさそう(な気がする)研究の壁に立ち向かっていますが、自分が楽々できるゾーンから一歩踏み出してできないことをやってみること、歯をくいしばって深めることが何かにつながるかもしれないという思いで文献を読み続けています。

PRやブランディングは、一足飛びに楽して、表面だけ繕って、発信だけ上手にしてということではないと、(私は)思っています。情報があふれる時代だからこそ、本当はどうか、本当は何か、を大事にしたいなと。

地味に、地道に、地力をつける。「地」ばっかりですが、いま、とても大切にしていることです。さて、今日もこれからセッションに行ってきます。海外進出のお手伝いですが、かわらず地に足をつけてサポートさせていただきます。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
sketch-1517563163616.png
posted by Style at 11:18| コミュニケーション、考え方

2018年04月29日

違う視点の人と話すことの大切さ

30425397_2016443145052706_2614888950273382194_o.jpg

気が付けば4月末……。出張が多かったり、大学院の授業が始まったりで、気絶していたのではないかと思うほど、あっという間に時間が過ぎていきました。今月は、いつにも増して出会いと発見の多い1ヶ月。特に、違う視点やバックグラウンドを持っている人と交流することの大切さを実感しています。

たとえば、フランス出張中、チャーミングなパリジェンヌと雑談していた時のこと。素晴らしい環境でスタイリッシュに仕事をする彼女に「こんなところで働けるなんて、うらやましい!」と言ったら、「えー。私は東京に行ってみたい。日本のクールなブランドの服を着て、東京とパリでPRの仕事をしているなんて最高じゃない!」という答えが返ってきました。誰かが持っているものが、自分の手元にあるものより素敵に見える。それはパリジェンヌでも同じなんだなぁと感じました。

いま通っている大学院では、ゼミが始まり、自分の研究に対して様々な意見や質問が寄せられるようになりました。机を輪にしてディスカッション(1回3時間!)をするのはとても刺激的で、思いもつかないアイディアがぽんぽん飛び出し、本当に勉強になっています。ギリギリまで仕事だと、夜、学校に行くのが辛い時もありますが、この楽しさ(同時に難しさもありますが)を味わいに、ちょっと無理をしてでも出席しなくてはと思っています。ちなみに、パリ帰りに(荷物だけおいて)ゼミに直行したら……さすがに体力が底をつきましたが。

他にも、数ヶ月を操る理系の研究者と(日本語で)パスタをゆでながら雑談をしたり、イタリアで移民問題に取り組んでいる友人とランチをしたり、東京で交換授業をしていたフランス人の友人と久しぶりにおしゃべりしたり……数えきれないほどの刺激をもらえて嬉しかったです。

インプットの数々、しっかりこれからの仕事に生かしていきたいと思います。

*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
sketch-1517563163616.png
posted by Style at 08:21| コミュニケーション、考え方