2020年05月21日

考えを整理する

kyoshi.jpg

この2か月、いろいろな変化がありましたが、特に大きかったと感じているのが

●原稿を書いたり企画を考えたりする時間がたっぷりできた(デスクに長時間いる)
●仕事や暮らしで関わる人の穏やかさや温かさに救われる場面が増えた
●自分も含めていろいろな人の価値観や優先順位が「見える化」されやすくなった
●移動が減ると、情報との偶然の出合いが減るので意識して補給する必要がある
●自分の気持ちや行動を言葉で説明できるようにしておく重要性が増した

ことです(とりあえず、いま思い付くのは!)。

難しいこと、大変なこともありますが、だからこそ、数年後「あの時のあれが、いまここにいきている」と思えるような考え方や行動ができたらいいなと思っています。

出張もイベントもすべて延期&中止になりましたが、来月は1つだけ新しいことを始められそうです(オンラインだから影響を受けなかった)。お知らせできる日を楽しみに、今日もひたすらデスクワークに励みます。少しずつ動き出すことができたら、仕事のまとめも更新しなくては!

*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 15:47| コミュニケーション、考え方

2018年12月20日

自分から飽きることの大切さ

45377541_2300254693338215_4830166439224672256_o.jpg
先日、クライアントさんとのセッションで話題になって、それ以来ずっと考えていることがあります。

それは「飽きる」と「飽きない」のバランス。どちらも、仕事を続ける上で欠かせないものかもしれないな、と感じたからです。

「飽きる」で大切なのは、人より少し先に飽きることで常に変わり続け、結果として周囲を飽きさせないこと。静かにちょっとずつ、半歩ずつ前を行く。だから、いつも素敵と言われる。そんなイメージ。

「飽きない」で大切なのは、地味で地道な努力をする日常に耐えられるということ。やったら必ず報われる、なんて誰も約束してくれない。それでも、やり続けるということ。

女優さんやタレントさんなど、華やかな世界で活躍しているクライアントさんをサポートしながら、この2つの要素をバランスよく保ち続けることの大切さを感じています。

何に飽きるか、飽きないか。常に意識していたいと思っています。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 21:39| コミュニケーション、考え方

2018年11月07日

自分を置く場所をかえてみる

45377541_2300254693338215_4830166439224672256_o.jpg

最近、行き詰っていることが1つ。仕事は楽しくて仕方ないのですが、二足のワラジのあと片方である社会人大学院の修士論文に苦戦しています。

教授の指導のもと、新しい発見を探したり、それを論理的に説明する方法を考えたり。ゼミに出るたび、何か出すたびに問題(というか課題というか)が見つかるので、「これ、完成するのかな」と、遠い目になってしまうことも。

そんなわけで、論文と向き合う時は常に暗いトンネルの中で1人壁をひっかいているような気持ちだったのですが、あるとき、パッと光がさす出来事がありました。

それは、取材先の方々にインタビュー原稿の事実確認をお願いしたときのこと。暗闇暮らしが長すぎて「ああ、これで大丈夫だろうか」「(とにかく年号がたくさんでてくるので)間違いとかたくさんあったらどうしよう」と、ネガティブなことばかり考えて心配しながら原稿をお送りしたのですが、返ってきたのは思いがけない反応。

「わぁ、面白いね。他の人のも読みたくなった」
「自分のやってきたことを、こんな風に文章にまとめてもらえて感動したよ」
「間違ってるところはありません! すごくクリアー」

といったお声をいただいたのです。もちろん、へこたれがちな私を見かねた皆さんの優しさによるところが大きいですが、それでも、そんな一言一言が、嬉しく、とてつもなく大きな励みになりました。

そのとき思ったのですが、「うわー、ダメだー」となったら、たまに、場所をかえてみるというのもアリなのかなと。今回、同じ原稿でも

ゼミ → 完成度を高めるためにいろいろと詰められる(前向きな議論とはいえ、足りない点を突きつけられ続ける)

取材先 → (論文という視点ではなく)文章として読んでもらえ、前向きな感想が返ってくる

のように、まったく違う反応が得られることを体感したからです。

たとえば、「文章を書くのが得意な人たち」の中では書くのが苦手な方にはいってしまうとしても、ひとたび、そこを出て、別の分野が得意な人たちの中に入ってみたら、「えー、そんなに書けるんだ。すごいね」となる、みたいな。

レベルを下げるとか、そういう上下のことではなくて、ちょっと横移動するイメージ。いまいる「輪」から出て、隣の「輪」にお邪魔してみると、新鮮な反応が得られるというか。

そうやって、少し自分の状況を俯瞰したり、違うアングルからのフィードバックをもらえたりすることが力になって、また前に進もうと思える。そんなことって、ある気がします。

この先、年明けまで論文との格闘(もはや死闘に近い……)は続きますが、くじけそうな時は今回いただいた嬉しい言葉の数々を支えにするつもりです。

苦しいな、アップアップしているなと思ったら、たまの横移動。で、ちょっとして戻ってみる。結構おすすめの方法です。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 13:11| コミュニケーション、考え方