2019年03月20日

広報の大学院を、卒業します。

blogphoto.jpg

明日、広報の大学院を卒業します。正式には、社会情報大学院大学を卒業し、日本で初めての広報・情報学修士号を取得する、ということになります。

勉強と研究(修論テーマは「事業承継における親子間対話」)にどっぷりと漬かった2年間。大学院に通ったり課題をしたり、研究をまとめたり……その分の時間は仕事ができないというジレンマの中で過ごした時間でもあります。小さな小さな会社は、私が立ち止まった瞬間に消えてなくなってしまう。そんな大きなリスクを背負って、社会人大学院に行く意味って何だろう。そう考えたこともあります。

でも、いま、卒業の時を迎えて思うことは、飛び込んでみて良かったということです。想像以上に大変だったこと、楽しかったこと、いろいろなことがありました。広報の奥深さにふれ、自分のキャリアを見つめ直し、多様な価値観をもつ仲間から数えきれない刺激をもらった学生生活でした。いくつかの授業で、所属チームがベストプレゼン賞をもらったのも良い思い出です。

卒業を前に、いま、私は「これから」に目を向けています。大学院がなくなる分のスペースを空っぽにしないためにも、これまでセーブしていた仕事や、新しいプロジェクトにしっかり取り組んでいきたいと考えています。

大学院ライフより、もっと刺激的な春に。より充実した2年に。そんな思いで、広報・コミュニケーションの仕事に取り組んでいきます。新しいプロジェクトのお知らせも、もうすぐできるはず(解禁まち!)。パワー全開でのぞめるよう、まずは、心おきなく卒業イベントを楽しんできます。


*最近のお仕事は こちら にまとめています*
-------------------------------------------
icon.png
posted by Style at 10:29| 日々の出来事